資質検査について

よくある性格検査で、資質が見られている

採用試験などで行われる、恒例のものといえば適性検査でしょう。
新卒採用や中途採用にもつきものであるといっても良いほどかもしれません。

受けたことのある方はわかるでしょうけれど、適性検査は一つではなく、だいたい2種類の方向があります。
学力がどの程度かの能力を見る学力検査と、性格の本質を探る性格検査がセットになって、制限時間内に解いていく、答えていくというものです。
学力検査においては、一般常識や国語の熟語対義語などや算数の計算や図形問題などを解いていくもので、難易度云々というよりは、数がありますから、次々進めるような慣れやコツが必要になってくるのかもしれません。

性格検査においては、面接だけではわからない内面に潜む性格を計るもので、これも質問数がありますから、直感で次々答えていくことが必要でしょう。

このような性格検査があるのは、募集職種にどれだけ適しているかを判断する目安とされるからで、何回も同じ類の質問が出ますから、もし、嘘をついたとしても矛盾があれば、それもわかってしまうのです。

これが資質検査といわれることでもあります。

 

性格検査をいい加減に受けないこと

企業では、この職種に本当に合っている人材だろうか、この会社に合いそうな人材だろうかということが知りたいわけです。新卒の場合は、採用後の配置の目安とするためにも、適性検査の性格検査はなくてはならないものでしょう。

もし、性格検査を適当に考え、いい加減に答えたとすると、必ずその行為は結果として表れます。

性格検査で支離滅裂な回答が出ると、いくら面接で良い印象を残したとしても、回答で浮き彫りになった資質との人物像の違いで、きちんと答えていないいい加減さがわかってしまうからです。

性格検査と人物像の間に一貫性や整合性が見られなかった場合、企業側が不信感を持つことは間違いないなく、たかが性格検査と思っていると落とされる結果になりますから、必ず、真摯な姿勢で臨むことが重要なのです。