料金から探す

神社結婚式の費用相場

神社結婚式を検討するにあたって気になるのは料金でしょう。格式高く優雅であるため、教会やホテルなどで挙げる結婚式よりも高そうなイメージを抱いている人も多いです。

そして挙式の平均費用について見てみると、30万円から35万円程度ですが、これに対して、神社結婚式の挙式費用の相場は20万円から25万円程度です。

意外なことに、教会で挙げる挙式よりも安く済むということになります。

しかし、神社結婚式の場合には挙式以外で費用がかかることが多いです。

例えば、衣装は挙式で着る白無垢は16万円程度、披露宴で着る色打掛や引き振袖は22万円程度の衣装代がかかります。教会での結婚式でも衣装代はかかりますが、神社結婚式の方が衣装代の相場は高めです。

また、玉串料が挙式代に含まれている神社と別に支払うようになっている神社があります。別に支払う場合には、5万円から15万円くらいが相場です。

神社結婚式の会場選びをするときには、挙式費用だけでなく、そのような費用も含めて探すようにしましょう。

オプションも含めて考える

神社結婚式では挙式の中で特有の儀式が行われます。その儀式の中でも、中心的な役割を果たすのは「修祓の儀」と「祝詞奏上の儀」、「三献の儀」、「誓詞奏上」、「玉串奉奠」の5つです。

ほとんどの神社では、この5つの儀式を含めたプランとして、料金を提示しています。

他に「花嫁行列」や「巫女の舞」、「親族盃の儀」などの儀式も行いますが、通常はオプションという扱いです。

そのため、これらの儀式も含めて執り行うと、もう少し費用がかかるということになります。神社によっては、オプションではなくこれらの儀式も通常プランに含めているところもあるかもしれません。

神社結婚式を料金から探す際には、どの儀式が含まれているのかどうかもよく見ておきましょう。

また、神社結婚式でもパックプランを用意しているところもあります。パックプランでは衣装代や着付け代、引き出物代などがセットになっており、トータルでかかる費用が分かりやすいです。

そのため、パックプランの有無なども併せてチェックしておくといいでしょう。