性格検査のポイント

性格検査とは

企業の採用試験などで行われる適性検査。
適性検査にはさまざまな種類がありますが、中でも受検者の性格や長所・短所などを診断するとされる性格検査は、対策がとりづらい試験項目といえるかもしれません。
代表的な性格検査には、およそ300問ほどの質問に答え、性格を検査するというものがあります。

似たような問いがいくつも出題されますが、細かな質問に答えていくことで「対人面」や「責任感」、「冷静さ」など性格についての特徴が浮かび上がってくるのだといいます。

もちろん、性格検査の結果で個人の性格のすべてがわかるわけではありませんが、企業にとっては性格検査の結果は、面接や書類だけではつかみきれない個人の一面を把握するための大切なデータとなります。

性格検査の受け方

基本的に、採用試験で性格検査のみで合否が判断されるということはありません。
たいていは書類と面接が重視され、プラスアルファの資料として性格検査の結果が加味されるというくらいのものでしょう。

しかし、採用試験に性格検査があるとどうしてもその先のステップに進めない…というのでれば、性格検査の受け方に問題があることも考えられます。
性格検査が問題視される人の特徴には、まず「偽った回答をしている」というものがあります。

企業研究などで、ある程度その企業が必要とする人材がわかっていると、どうしても自分をその理想の人材に近づけたくなるものです。
そのため、実際の自分とは異なる視点から、性格検査の質問に答えてしまう人がいます。

もちろん、完ぺきに理想の人材像の性格を結果として出すことができても、性格検査の結果と面接のやりとりに違いが出てしまうとかえって逆効果ということになります。

たとえうまく面接を切り抜けたとしても、本来の自分の性質とは異なる性質を評価されて採用されることになりますから、入社後にはそのギャップで自分が苦労するハメになってしまうかもしれません。

そのため、性格検査の質問にはなるべく正直に答えることがポイントと言えるかもしれません。