人材採用で失敗しないための適性検査

不適性検査というものの存在

人材採用で失敗をすると、企業にとっては大きな痛手で、大きな損失です。

入社してもすぐに辞めてしまう事例はもちろんのこと、いつまでたっても成長をせず、そのくせ不平はいうような人材を採用してしまった日には、辞めさせることもできず、無駄な給与を払い続けることになってしまいます。

そこで、面接だけでは見極めきれない内面や特性のアンマッチングを見分けるための、不適性検査というものも存在します。

適性ではなく、不適性を見抜く検査です。こう言っては失礼ですが、世の中の多くは現実的に中小企業がほとんどを占めていますから、従業員の待遇といっても、ニュースで流れてくるような待遇が良い面があるわけではなく、知名度があるわけでもないでしょう。
ですから、元々が人材募集にお金をかけている余裕もないわけです。

しかし、ある程度の人材は欲しいわけで、少ない応募に社運を賭けるような状態になってしまっているのではないでしょうか。たった一人か二人の採用枠で失敗も困るわけです。

そのような予算もない中小企業だからこそ、1名に数百円で実施できる不適性検査ということを実施することによって、人材採用が成功していけば、データとして裏付けができることになるでしょう。

 

適性検査の意義

人には向き不向きがあることは、学生時代の多くの方が自覚もしているところです。

オールマイティーに何でもできる方も中にはいますが、そのような方は稀でしょう。
職業においても、職種が合っていたのか、社風が合っていたのか、同じ研修を受けていたにもかかわらず、成果をどんどん出せる方もいれば、1年、2年を過ぎてもパッとしない方もいます。

ただ、それが遅咲きでも変わる方向にある人材なのかどうかというところがポイントでしょう。

元々、職種云々でなく、努力しない、学ばない、頑張らない人間性に原因があるかもしれません。
面接では隠されて見えない、そのような部分を見極めるために、適性検査はあるのです。